2013年05月13日

プラティパス インラインシャットオフバルブ

今回紹介するのは、プラティパスの「インラインシャットオフバルブ」です。ネットでは売ってないようなのでアフィリエイト貼れない!ガーン!まぁいいけど。どうせこのブログ、アフィ収入とかあんまり無いし。

IMG_4333.jpg

神保町のさかいやで買いました。エコープラザのハイドレーション売り場の超目立たないところでひっそり売られていました。こんな小さなバルブが756円。高いような、そんなに売れなそうだししょうがないような。

本来はもちろんプラティパスのハイドレーションシステム用パーツですが、今回は別の用途で使っちゃいます。そう、ロゴスのドリンキングシステムと組み合わせるのです。

IMG_4147.jpg

先日紹介して、それなりに便利なんだけど前屈みになると水が漏れて来ちゃうという欠点が露呈。いや、これどうなの?なんて思った訳で、DIYパーツをホームセンターで探したのですが見つからなくて、しょうがないからエバニューのを買おうかなとか思ってた矢先にさかいやでこれを見つけてしまいました。

パイプ径が判らないので合うかどうか判らず、ちょっとした賭けだったのですが2分ほど悩んで購入。繋げてみたら大体大丈夫そうでした。

IMG_4336.jpg

パイプを途中でカットして、中間にインラインシャットオフバルブを付けてあります。いちいち開け閉めするのが面倒な気もしますが、水漏れしないというメリットには代え難く。エバニューのハイドレーションチューブの飲み口だけ売ってればそれが一番良いような気もするのですが、しゃーなしだな。

実際に使ってみました

燕岳に登る機会があったので使ってみました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-298855.html

問題無く使えました。漏れることがないので快適です。バルブを開いたり閉じたりという操作も問題ありませんでした。歩きながらでも操作出来ますし、ちょっと立ち止まって水を飲めるので便利です。やはりハイドレーションシステムは良い物ですね。飲み過ぎさえ気をつければw。


posted by マツモトケイジ at 16:14| Comment(0) | 小物

2013年05月09日

SINANO ヘリノックスLBB-120

今回紹介するのは、SINANOの「ヘリノックスLBB-120」です。2本組のトレッキングポールです。普通はストックと呼んだりします。



以前グイデッティのストックについて書いたときに「安いから買った」と書いたように、実はストックについてはそんなにこだわりがありませんでした。理由は簡単で、一番最初に買ったストックが安いやつで、ストックというのは安い装備だと思っていたから(店員のオジサンお勧め製品)。神保町のさかいやで買ったのですが、確か3000円しなかったと思います。1980円だったような・・・。

なので、ストックなんてのは伸び縮みして頑丈で安ければなんでもいいと思ってたんですよ。むしろ、ストックに2万円?なんで?!なんて思ってました。意味わからん、と。

で、最初に買ったストックが6年くらいで壊れて、次に買ったのがグイデッティのストック。これは重くて、真冬に雪山で使ったらちょっと使いにくいんですね。

IMG_4254.jpg

まず、真冬だとストック自体に薄く氷が着くのか、ちゃんと固定できない事がありました。使ってると長さが勝手に変わって短くなったりしますのでちょっと危ないです。次に、ウリである手元の伸縮ボタン。僕はストックのグリップを上から手の平で包むように持つ事が多いのですが、そのせいかロックが外れてしまうことが多いのです。なので伸縮ボタンが押されてやはり長さが変わっちゃうことがあると。

真冬以外で伸縮ボタンのロックに注意して使えばそれなりに便利なストックではあるのですが、ちょっと重くて収納しても長いのが気になります。安い物には理由があるのかなーなんて思った訳です。

そこで、以前から2本組のストックが欲しかったのでLBB-120を買ってみました。樂天アフィリエイトのポイントも溜まってましたしw。

選んだ理由

選んだ理由は、1.収納時の短さ。2.カーボン以外で軽い。3.色が綺麗。4.操作しやすそう。5.LEKIじゃない。の5つです。

2と5は説明が必要でしょうか。カーボンって傷が付いて折れるとバラバラになっちゃうとか聞きまして。軽いのは良いけどバラバラは困るなと思って避けました。最近のは改良されてるかも知れませんが、イメージとして。5はLEKIのストックを持ってる人が多くて山小屋などで間違われそうだから。こういう、休息時にその辺に置き去りにする装備はマイナーな物が好きなのです。

IMG_4254.jpg

2本組で定価は16,800円。たまたまセールだったのか14,280円で、更にポイント10倍で1,420ポイント。実質12,860円で更に溜まってたポイントを使ったので7,000円弱で買えました。

袋付き、縮めるとコンパクト

袋が付いているので大きめのザックなら中に仕舞うことも出来ます。

IMG_4256.jpg

ただ、袋の方がストック自体よりちょっと長いので却って邪魔に感じるかも知れません。というか、僕は袋要らないんじゃないかって気がしてますw。そう、このストック、縮めると51cmしかないんですよ。グイデッティのと比べるとこんな具合です。

IMG_4265.jpg

コード式を除く、伸縮式のストックは大体60cmくらいはあります。51cmになるLBB-120はかなり短くなるストックと言えます。なお、コード式の折りたたみストックは30cm台ですので本当に短いのが欲しいならそっちを選ぶべきかと思います。




ストラップは調整しやすい

ストラップの長さは、ストックから出ている端を引っ張ると簡単に調整出来ます。

IMG_4258.jpg

ただ、ヘリノックスはエアークッションストラップを全機種装備って事になっていますが、LBB-120のストラップはエアークッションじゃないような気がします。なんか普通にフエルトみたいなのが貼られてるだけだし。

グリップは細めでヘッドも小さめ。手が小さい女性に良さそうです。個人的な好みとしてはヘッドがもっと大きい方が握りやすそうです。が、きっと軽量化とトレードオフなので小さめになってるのでしょう。


長さ調節は簡単

長さを調節する場合は、1段目のレバーを起こして伸ばすだけ。2段目と3段目はストッパーがはまる長さまで伸ばしきります。

IMG_4260.jpg

レバーを倒せば長さが固定されます。2段目と3段目は伸ばし切る以外に固定できないので、調整出来るのは1段目だけ。なので、長さ調節的には101cm〜120cmとなっています。あんまり短くして使う事は出来ません。

IMG_4261.jpg

伸ばすとこんな感じ。120cmあれば問題無いかと思います。ストックって最大まで伸ばして使ったこと無いですし。

IMG_4262.jpg

このストックは縮めるときが簡単です。レバーを起こして、

IMG_4263.jpg

下に押し込むだけ。一瞬で収納できてしまいます。

IMG_4264.jpg


丈夫な素材で出来てます

素材はTH-72Mという超高力アルミだそうです。テントポールメーカーとして有名らしい韓国のDAC社製。強度を損なうことなく極限まで薄く作られているとのこと。そのおかげか1本の重さは232g(公称は215gですがおそらくストラップを抜いた重さです)。

IMG_4267.jpg

先端はタングステンチップが付いていますが、雪山以外ではゴムのカバーを付けましょう。登山道をストックで掘り返すとよくありません。

IMG_4262b.jpg

なお、スノーバスケット(PB-HX80)は組で1050円。新宿の好日山荘で買ってきました。

IMG_4331.jpg

家に帰ってきてから気付いたのですが、裏側に対応機種として「GL-135 SA GL-135 DL-135」とだけ書かれていました。ヘリノックスのWebサイトでは「Causeway, Ridgeline用」と書かれていますが、上記3機種は「Causeway」なんですね。RidgelineであるLBB-120は対応機種から抜けてます。

げ、と思いつつも開封して3シーズン用のバスケットを外して付けてみました。

IMG_4338.jpg

問題無く装着できました。あー、良かった。これで残雪期の山に持っていけます。

まとめ

ツエルトを張るのにストック的な物が2本あったらいいなーとか、普段は1本しか使わないけどダブルストックもいいなーとか、妻と登る時に1本貸そうかなーとか、軽いストックが欲しいなーとか、そういった理由で買ってみました。ストックに1万円以上出すの?なんて思っていた頃もありましたが、実際に手にしてみると良い物だなという雰囲気があります。青い色も綺麗ですし、大事に使っていこうかと思います。


そうそう、安いのもあります

僕は収納時の短さと色、信頼性、操作のしやすさからLBB-120を選びました。が、モンベルのアルパイン カーボンポールなど軽さで見ればもっと軽い物や、モンベルではありませんがカーボン製で低価格のストックも色々あります。



レビューも悪くないですし、ちょっと富士山に登って後は山登りを続けるか判らないなんて人はこういうストックを使ってみても良いかもしれません(実物を見たことがないので品質はわかりませんが)。

富士登山で金剛杖を持つ人けっこういますが、あんな重くて長くて邪魔な木の棒を持ってよく登るなぁと思います。焼き印もいちいちお金払わなきゃで面倒くさいし。家のどこに仕舞うのかと。悪い事言わないから普通に登山用のストックを持って登りなさいって思います。


追記:山で使ってきました

燕岳に登る機会があったので使ってみました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-298855.html

まず軽さ。今まで使っていたグイデッティの半分程度の重さなので、やっぱり軽い(LEKIのストックと同程度とお考え下さい)。短くなるので持ち運びも楽でした。軽いので2本持っていってダブルストックで使いましたが、雪山でのダブルストックって楽ですね。体がグイグイ進みます。

操作はレバーを起こして長さを変えるだけなので簡単で速攻でした。なかなか良い物です。ガタツキもなく、力を込めてもたわむ事もありません。安心して使える剛性があります。

101cm未満の長さには出来ないので、急斜面ではちょっと長すぎるかなとも思いました。が、グリップが長いので持つ位置を変えて対応出来ます。軽さや操作のしやすさを考えると、ここはちょっとだけ我慢せざるを得ないでしょうか。なので急な登りでもストックの頭を上から持ちたい!という方には向いていないストックです。

また、ストックのヘッドが小さいので手が大きい男性は握りにくいと感じるかも知れません。ただ、女性にはちょうどいいと思います。

僕は今のところ満足しています。今後も積極的に使っていきます。


タグ:ストック
posted by マツモトケイジ at 01:55| Comment(0) | ギア

2013年05月08日

グレゴリー Z40

今回紹介するのは、グレゴリーの「Z40」です。40リットルのザックですね。重さは1.5kg。



ザックはどこで買ってもいいのですが、グレゴリーのザックって山道具屋さんであまり見かけないので原宿にあるグレゴリーの直営店に行ってきました。登山用のザックは2階で売られていて外にある階段から入ります。

IMG_4144.jpg

直営店なのでグレゴリーのザックがズラリと並んでいまして、もちろん各ザックについて詳しく教えてくれます。グレゴリー専用の背面長測定器なんてのもあり、僕も計ってもらいましたが49cmでした。胴長!ちなみに49cmだとザックのサイズはMとなります。

IMG_4145.jpg

グレゴリーのザックはくすんだ色が多いのですが、新色のスパークオレンジが可愛かったので選んでみました。

なお、直営店だと定価での購入となります。一応ポイントカードがあるのでちょっとだけ実質値引きですが、多分樂天とかAmazonで買った方が安いです。でも背面長を計ってもらったり色々教えてもらって「じゃ!」って他で買うのは人としてどうか、と思うのでそのまま買いました。お店の人も人間で、ゲームのモブキャラなどではありませんのでねぇ。

(以前、品揃えがいい店で商品を見て店員さんにも色々聞いて、それを踏まえて別の安いところで注文して買うという事を自慢げに言ってるオジサマがいたのですが、それ誇っちゃダメだろと思ったりしたのです。報いない人間は報われないぞ的な。)

背中が涼しいZシリーズ

Zシリーズの特徴はメッシュになっている背中部分。真冬以外はザックを背負っているととにかく背中が熱いんですよ。いつの間にか背中が汗でぐっしょり、シャツの裾やズボンの腰部分で汗が凝縮されてすごい臭いになったりします。

IMG_4251.jpg

その点、Zシリーズは金属のフレームが支えとなってしっかりと空間を作ってくれます。これはなかなか良い物です。クロスDTSサスペンションというそうです。

IMG_4252.jpg

背負ってもちゃんと空間が空いています。他のザックでも溝を付けたりメッシュ素材を使ったりして背中に空間を作ろうとしたものはありますが、ここまですっかり間が空くのはそんなにありません(他社のザックでもあるにはありますが)。

IMG_4146.jpg

先日、奥多摩の御前山に登った時はおかげでいつもより背中が涼しくてあまり汗をかかずに済みました。真夏はプラティパスに水を入れて一晩凍らせ、それをザックの背中部分に入れて背中を冷やしたりしてたのですが、それ以上に涼しく感じました。

腰と肩の上部はパッドが接するので多少汗はかきますが、背中の大部分は空間が出来ます。これからもっと暑くなったときにどうかってのは夏にテストします。


収納力など詳しく

ポケットなど収納力を見ていきましょう。雨蓋は大きめでたっぷり収納できます。

IMG_4237.jpg

ジッパーは片開きです。ジッパーの引き手には紐と大きめの持ち手が付いてて操作しやすいです。雨蓋には行動食、電気関係、サングラスなどを入れています。

IMG_4238.jpg

雨蓋の裏側はセキュリティポケット。僕は袋やティッシュなどを入れています。

IMG_4240.jpg

外側には大容量ポケット。マチがあるので見た目より多く入ります。上着なんかも入っちゃうんじゃないかな。救急セットなど必要なときにすぐ取り出したい物を入れておくと便利かと思います。

IMG_4242.jpg

ザックの下部は二気室になっています。雨具やテント、寝袋などを入れるようです。

IMG_4235.jpg

仕切りはジッパーで開く様にもなっているので、開けておけば一気室のザックとしても使えます。

IMG_4236.jpg

なお、ここに固い物を入れておくとザックの底に穴が開きやすくなるので要注意です。先日、底にタッパーを入れて一日行動したら小さな穴が開いてしまいました。タッパーの角と岩がぶつかったときに開いたようです。

IMG_4231.jpg

糸で縫って裏側に防水剤を塗りましたが初使用で穴ってのはショックです。カリマーのリッジ30なんかは生地が厚くて相当雑に扱っても穴なんか開かなかったのですが、これは生地が薄いので注意が必要みたいです。

IMG_4232.jpg

基本、雨蓋を上げて巾着を開けば中身にアクセス出来ますが、ジッパーでU字型にガバッと開けることも可能です。ザックの底にある荷物を引っ張り出すときは便利な機能です。

IMG_4246.jpg

U字型に開けるにはいくつかバックルを外さないといけないので実はちょっと面倒です。が、あらかじめ引き手を横に合わせておけば雨蓋などを開けなくても中身にアクセス出来ます。ただし、そんなに広くは開かないので大きめの荷物を取り出すときはバックルを外して開けなければいけません。雨蓋から開けるのとどっちが手っ取り早いかなって感じ。

IMG_4243.jpg

グレゴリーのザックはコンプレッションして中身を固定するためにバックルやベルトが多く付いています。それが「着心地」と自称する快適な背負い心地を生むのでしょうが、慣れないと面倒くさく感じるかも知れません。

IMG_4248.jpg

腰ベルトにはメッシュのポケットが左右にあります。僕はあめ玉などを入れています。メッシュなので積雪期は雪が入りそうだし、雨が降ればもちろん濡れます。入れるものは選ぶ必要があります。防水じゃない電子機器は入れない方が良いでしょう。

IMG_4250.jpg

ザックカバーは同系色のものを標準装備。フックが付いているので、ザックのどこか適当にフックを掛けておけば風で飛ばされることは無さそうです。

IMG_4249.jpg

雨と言えば、背中のパッドや肩ベルトなどが分厚いザックは雨が降った後にパッドが水を吸っちゃって乾きにくかったりします。が、Z40は肩ベルトなどが結構薄いんですね。といって背負いにくい感じはしませんし、あまり水を吸わなそうです。雨の後も快適に背負えるんじゃないかと期待しています。


まとめ

しっかりとフィッティングしたときの背負い心地、いや着心地か、は良いと思います。背中のベンチレーションも快適です。夏に使いたいザックです。

しかし、快適な着心地のためにはベルトをちゃんと調整する必要があるので面倒くさがりの人には向いていません。また、生地がちょっと薄いので耐久性が心配です。現に穴開けちゃったし。

あと、カリマーのリッジ30はザックの脇にポケットがあったのですが、Z40はありません。

IMG_3481.jpg
↑僕はここに緊急用の装備を入れてたので無いと地味に不便。

メッシュが多いのも気になります。ボトルを入れる部分や腰ベルトのポケットがメッシュなので枝や草が引っかかりそうだし、冬は雪が溜まりそうです。薮漕ぎや雪山では使いにくい気がします。

完璧なザックとは言えませんが、この容量で背中が涼しいザックは貴重かなとも思います。夏の縦走小屋泊まりや軽装備でのテント泊などで使ってみようと思っています。冬はカリマーかセロトーレの70リットルを使おうと思っています(最近70リットルのはあんまり使ってませんが)。




タグ:ザック
posted by マツモトケイジ at 18:49| Comment(0) | ギア