2013年05月07日

ロゴス ドリンキングシステム

今回紹介するのはロゴスの「ドリンキングシステム」です。ハイドレーションシステムを使ってみたいけど、残量が判らないのは不安だなと思って買ってみました。



トランスジャパンアルプスレースを特集したNHKスペシャルを見ていたら参加者が使っていて、これはいいかも!と思ってAmazonで注文。ペットボトルに付けてハイドレーションシステムを作るためのチューブセットです。

IMG_4044.jpg

ペットボトルの蓋と互換性がある継ぎ手にチューブが2本、飲み口と飲み口のカバーなどがセットになっています。

IMG_4045.jpg

クリップも付いているので、ハイドレーションシステムに対応していない小型のザックでも、肩ベルトに挟んだり出来ます。

IMG_4049.jpg

ペットボトルにセットするとこんな感じです。チューブを切ってないのでボトルの中で渦を巻いてますが、邪魔なら切って使います。とりあえずまだ切ってません。

IMG_4050.jpg

飲み口はプラスチックのカバーが付いています。飲み口に土などの汚れが付くのを防げます。

IMG_4046.jpg

広げるとスーパーマリオのファイアーフラワーみたいですね。

IMG_4047.jpg

ゴムの飲み口を噛んで吸えば水が出てきます。ここは普通のハイドレーションシステムと同じです。

IMG_4048.jpg

ザックに付けてみるとこんな感じになります。

IMG_4058.jpg

僕はザックの横ポケットに500mlのペットボトルを入れています。以前使っていたカリマーのリッジ30ならちょっと無理して手を伸ばせば自分でボトルを取れたのですが、グレゴリーのZ40だとどう足掻いても無理そうでした。って事でこのドリンキングシステムを使ってみようって魂胆です

IMG_4147.jpg

チューブにはクリップを付けて肩ベルトに固定しています(ザックには固定用のゴムベルトがあるけど、なんとなくクリップを使ってみました)。飲む時はクリップを外してチューブを咥えるだけなので確かに楽です。

IMG_4149.jpg

1日山で使ってみましたが、確かに便利です。僕は休憩で止まるのとか、休憩中でもザックを下ろすのが好きじゃありません。背負い直すのが面倒くさいから。出来れば止まりたくないし、出来ればザックを下ろしたくない。なので、水は歩きながら、またはちょっとだけ立ち止まった隙に飲みたいわけです。そういう人間にはピッタリの装備です。

ペットボトルに付ければそれでハイドレーションシステムになっちゃうのは便利ですし、ザックの外側にボトルが出ているので水の残りを確認しやすい。自分では見えなくても仲間に聞けば残りがすぐ判ります。

ただ、問題点がないわけではありません。

まず、つい飲み過ぎちゃう。いつでも水を飲めちゃうので飲まなくても良い所でつい飲んでしまいます。なので、水の補給が難しい山に行くときは飲むペースを考えなくてはいけません。そういう山ではむしろ使わない方がいいのかも。

2つ目に、補給が面倒くさい。水を補給するときはチューブを外すのですが、ちょっと邪魔です。地面に落とさないように気を使います。あまり頻繁に補給しなくて済むように1リットル程度のボトルを使った方がいいかも知れません。

3つめに、前傾姿勢になると水が漏れてきます。ペットボトルの水面よりも飲み口が下になるとサイフォンの原理で飲み口から水が出てきます。飲み口はゴムで出来てて、わずかな隙間しかありませんからドバーっとは漏れませんが、ちょっととはいえ電子機器に掛かったりすると困りますしもったいないです。

で、実はこの水漏れ問題に対応してある製品があったのです。ガーン!それがコチラ、エバニューの「ハイドレーションチューブ EBY271」です。



実は先日、ロゴスのドリンキングシステムをテストしたときに一緒に行った山仲間が使ってました。これは飲み口の下に栓が付いてまして、栓を閉じておけば水が漏れないのです。

IMG_4099.jpg

飲み口の形などはロゴスのとそっくりなので、きっと多くのパーツはどこか同じメーカーが作ってるのでしょう。別とは思えないくらい同じですから。違うのは色と栓の有無。青が可愛くてロゴスのを買いましたが、栓があるって知ってたらエバニューのを買ってました。

IMG_4100.jpg

そんな訳で、ロゴスのドリンキングシステムについて書いてきましたが、おすすめなのはエバニューのハイドレーションチューブです。

うーん、なんかチューブの間にかまして水を止められる栓とか無いかな。ホームセンターと熱帯魚屋さん廻ったけどちょうど良いのがありませんでした。ハンズに行けばあるかな?それとも、単に適当なクリップで挟めばいいかすら。

あと欠点、そうだ。洗うの面倒くさいです。使ったら毎回煮沸消毒せよとの事です。しかもパーツを全部バラして。チューブの内側を乾燥させるのは難しそうですし、カビが生えないように管理しなくてはいけません。

結局、山で水を飲むときに楽をするか、道具の管理で楽をするかってトレードオフなのかも知れません。この手の道具は。



posted by マツモトケイジ at 00:47| Comment(0) | 小物