2013年08月06日

ドクターヘッセル インセクトポイズンリムーバー

今回紹介するのはドクターヘッセルの「ポイズンリムーバー」です。



虫や蛇など毒がある生き物に噛まれたときに傷口から毒を吸い出すために使います。

IMG_5864.jpg

パッケージの裏側には使い方の説明が書かれています。

IMG_5865.jpg

本体はこんな感じ。日本語の説明書も入っています。

IMG_5867.jpg

写真左下が吸い口。これを傷口に当ててレバーを引くと真空状態になって毒を吸い出せます。

IMG_5872.jpg

先端のカップは外して洗うことも出来ます。毒液や血液が付いた場合はよく洗って滅菌する必要があります。

IMG_5870.jpg

カップは逆さにすると子供の指や小さな虫さされにも対応出来ます。

IMG_5871.jpg

ブヨに刺された場合、これで毒を吸い出した場合と放置した場合で予後がかなり違います。まだ蛇や蜂などヘビーな毒に対して使ったことはありませんが、山ではブヨによく刺されるので登山装備には必ず入れています。


血液感染について

先日、山の方にあるスポーツセンターで蜂に刺された方がいて、そこの職員さんにポイズンリムーバーを貸して欲しいと言われました。僕も何度か使ったものですから、使う前には消毒して使った様です。

その後、他人の血液が付いた物なので買い取らせて欲しいと言われ、買い直すが面倒だなと思いつつも固辞されたのでお金を貰って新しいのを買いました。それが写真のポイズンリムーバーです。

こういった、使うと血液が付いてしまう物を借りた場合は買い取らせて貰うのが常識みたいですね(気にしたこと無かった)。こういうものは個人装備で持っておいた方がいいのかなと思いました。

ファーストエイドの本などを読むと血液感染を防ぐ為に注意すべき事が沢山書かれています。怪我の応急処置をする場合はまず使い捨ての手袋をするとか。万が一自分が持っていないウイルスなどに感染してしまったら大変ですから、やはり気にした方がいいのでしょう。僕は応急セットに使い捨て手袋を1セット入れてます。

なお、ポイズンリムーバーは登山用品店やスポーツ用品店のアウトドアコーナーで売られています。以前は近所のゼビオでも売ってたのですが、先日買い直しに行ったら扱っていませんでした。手っ取り早いのはAmazonなどネットですかね。何かのついでに買っておくと良いでしょう。




posted by マツモトケイジ at 16:49| Comment(0) | 小物