2013年08月17日

FIVE TEN アナサジベルクロ(クライミングシューズ)

今回紹介するのはFIVE TENの「アナサジベルクロ」です。クライミングシューズですね。



フリークライミングをするときはこういうクライミングシューズを履きます。じゃないと細かいフットホールドに乗れないからです。一般的な靴よりもサイズが小さいものを履きます。靴の中では足の指が折りたたまっており、バレエのトウシューズの様な趣です。

IMG_5978.jpg

なので、足に合わないとものすごく痛いし、足に合っていても長時間履くのはなかなかツライものがあります。買うときは必ずお店で試着しなければいけません。

僕の足は幅広甲高という典型的な日本人足で、ベルクロか紐靴しか選択肢がありません。足をスポッと入れるスリッパタイプと呼ばれる靴もありますが僕の足にはまず合いません。アナサジは足の幅も悪くなく、甲高はベルクロで調整出来ます。紐でも良いのですが紐は脱ぎ履きが面倒なのでベルクロタイプが好きです。

IMG_5980B.jpg

靴底はフラットソールと呼ばれる様に真っ平ら。これを斜面の真っ平らな岩面に押し付けて登る事もあります。接地面が大きい方が摩擦が大きくなるので登る上で有利です。

クライミング初心者は足全体をフットホールド(足場)に乗せがちですが、そういう登り方をすると足の自由度が減るし、つま先分だけ足の長さが短くなってしまいます。つま先で乗れば足を動かしやすいし、つま先立ちになれる分だけ遠くのホールド(手がかり)に手が届くようになります。

という事で、クライミングシューズは下の写真の赤い部分が摩耗していきます。

IMG_5980.jpg

時にはかかとを引っかけて登る事もあります。ヒールフックという登り方ですが、そういう時のためにかかともゴムで覆われています。最初のうちはそんなに使わないのですが、オーバーハングしている壁とか、壁を登ってテラス状の棚(マントルとか呼ばれてます)に上がるときなどに使います。

IMG_5981.jpg

インドアで使うには文句なく登りやすくていい靴ですが、30分以上履いてると足が痛くなっちゃうので、外岩用にもうちょい緩いのが欲しいなーと思ったりもします。


前はこんなの履いてました

クライミングシューズは大体1足目は失敗すると言われています。そりゃ、クライミングもよくわかってない段階で買ったら、自分にどんな靴が合うのかよくわかりません(未だによくわかりません)。

IMG_5982.jpg

これは僕が2005年に初めて買ったシューズです。T-wallの江戸川橋店でセールになってたので買いました。そんなに悪くはないんですが、アナサジと比べると細身なので小指の辺りがきつく感じます。

IMG_5983.jpg

悪くはないんですが、8年経ってしまったので靴底が大分劣化してきてしまいました。

底がかなりすり減ってエッジも丸いし、ゴムが硬くなってきて特にかかとがツルツル、フリクションもへったくれもない感じです。という訳でアナサジを買いました。

最近は靴下を履いた上にクライミングシューズを履いているのですが、以前は素足に履いていたので汚れもなかなかです。って事で、写真も撮ったし捨てました。


posted by マツモトケイジ at 17:12| Comment(0) | クライミング