2016年03月09日

モンベル ULドームシェルター1型




今回紹介するのは、モンベルの『ULドームシェルター1型』です。

あくまでシェルターであってテントではないのがポイントです。そう、テントじゃありません。

IMG_7865.JPG

重さ

本体重量は760g。シングルウォールの本体(430g) とポール2本(スタッフバッグ込み330g)の重さです。

IMG_7940.JPG

これに張り綱(200cm×4)13g、ペグ8本(89g 13g×4と9g×4)とグラウンドシート150gを足して1012g、約1kgとなります。

アライテントのエアライズ1の場合、本体が1360gでペグ12本156g(13g×12)と グラウンドシート150gで1666gなので654g軽いですね。フライシートがない分軽いって事です。

IMG_7939.JPG

張り綱とグラウンドシート

張り綱は付いてないので別に1.8mmの蛍光ロープを買いました。張り綱の設置位置が高いので2mずつ4本にします。自在結びで本体に結んで反対側も自在結びにしておきます。自在金具などを付けると無駄に重くなるので自在結びで済ませちゃいました。

 


IMG_7941.JPG

グラウンドシートはアライテントのアンダーシート1型にしました。長さが205cmなので5cm長いのですが許容範囲です。ドームシェルターは生地が薄いのでグラウンドシートを使った方がいいと思います。モンベルのグラウンドシートはゴツすぎるのでアライテントにしました。

張り方

1.まずポールを2本伸ばします。結構長いので周りに人やテントがある時は注意してください。
2.出入り口が風下になるように方向を決めます。
3.次に本体を地面に広げます。必要ならグラウンドシートを先に広げておきましょう。
4.グラウンドシートとテントの四隅をペグで固定します。
5.本体内部にポールを入れて、奥の隅にあるポール受けに先端を合わせます。ここで位置を外すと簡単に穴が開くので要注意。
6.ポール受けに先端が収まったら対角線の隅にあるポール受けにポールの反対側先端を合わせます。この時風の影響を受けやすいので4で地面に固定しました。
7.もう1本のポールも同じ様にセットします。
8.テントの中に入ってポールをベルクロで止めます。全部しっかり止めてください。
9.4で固定したグランドシートのペグは、位置が悪かったら直してください。
10.張り綱をペグで固定したら完成です。

IMG_7867.JPG

最初はポールのセットが難しいですが、慣れれば5分程度で設営できます。やむを得ずビバークする事になっても狭いところに張れるので便利です。

広さ

床面積は100cm×200cm。一人なら十分な広さです。広々眠れます。二人でも入れますがギューギューで炊事などは出来ないでしょう。緊急避難で入る程度ですね。

IMG_7868.JPG

防水性能

普通の雨なら問題ありませんが、暴風雨になると判りません。木の下に張ると木から落ちてくる大粒の水滴が本体の耐水圧性能(耐水圧600mm)を越えて雨漏りします。大粒の水滴が落ちてきそうな場所には張らないのが肝要です。あとは雨が降るのが判ってるなら普通のテントを使った方がよいでしょう(もしくはそもそも行かない)。

IMG_20151117_231959.jpg

ちなみに、実際に雨漏りしたときはシェルター内で傘をさしました。シュラフカバーを使っていたのでそこまで悲惨にはならなかったですが、30分おきに壁と床を拭いてしのぎました。

こないだ『そらのした』のドロップルーフというサービスで撥水コーティングをしたので、その効果がどのくらいなのか雨の日に試してみたいなぁなどと思っています。試したらまた紹介します。

結露

外が寒い場合、そこそこ結露します。生地は極薄ナイロンにウレタンコーティングなので通気性も透湿性はありません。中が湿気てて外が寒ければ、そりゃ結露するってもんです。結露したら手ぬぐいなどで拭いてください。

寒さ

本体上部と出入り口の2箇所に大きなベンチレーターがあり、そこからガンガン外気が入ってきます。ベンチレーターを完全に閉じる事は出来ません。特に風が強い夜などは冷えます。

でも本体の布に通気性がないのでベンチレーター無しでは酸欠になってしまいます。酸欠 or 寒さの二択ですから寒さを取るしかありません。冬はこのベンチレーターが結露して凍ってしまう事があるそうで、そうなると酸欠の一択ですから、このドームシェルターは冬は使わない様に、となっています。冬は素直にテントを使うのが吉でしょう(フライシートがあると全然違います)。

シェルターはシェルターです

説明書やモンベルのウェブサイトにも書いてありますが、あくまでテントではなくシェルターで、快適なキャンプを実現するためのギアではありません。水が浸みてくる事もあれば結露することもあるし寒い事もあります。それでも全部込み込み1kgという軽さを取るか、重くてもテントを担ぐかという選択です。

IMG_2960.jpg

快適さを割り切って軽さを実現した割り切りの商品です。ですから使う方もそれなりの覚悟が必要です。

個人的には気に入ったので、雨予報を避けつつ無雪期の単独縦走では積極的に使っていこうと思いました。

アウトレットで販売中

なお、上記の様な問題があるためか、現在モンベルのオンラインストアでアウトレット販売されています。

こちら。税込み27,756円です。

私は楽天で15%オフの29500円買って、まぁまぁ安く買えたかなぁと思っていましたがそれよりも2000円近く安くなってしまって悔しいですw。

安くて軽くてコンパクト、いくつか問題はありますが一人用のシェルターが欲しい方は検討してみてはいかがでしょうか。
posted by マツモトケイジ at 15:06| ギア