2016年10月26日

Senyoo 充電式LEDライト 100ルーメン




中華ギアばかり続いてあれですが、今回紹介するのはSenyooのLEDライトです。ライトっていうか、ランタンですね。



手乗りサイズでMAX100ルーメン。うーん、明るい。

ただ、蛍光灯っぽい色なのでアウトドアで使うには好みが現れるところではあります。

IMG_20160907_103216.jpg

お値段は1900円弱。パッケージは武骨な段ボール箱ですが悪くはありません。

IMG_20160907_111848.jpg

内容物は本体とストラップ2本。

IMG_20160907_111901.jpg

重さはストラップ込みで85.4gです。以前使っていた乾電池使用のLEDランタンは200g以上あり、その重さから、荷物が多いときに省く装備の筆頭にいたわけですが85gなら装備に入れてもいいかなと思えます。

IMG_20160907_112103.jpg

大きさもコンパクトで、ザックのちょっとした隙間に入ります。

IMG_20160907_112009.jpg

テント内で使うときは、天井のポールなどにストラップを通して本体に引っかければ道具なしに設置できます。

IMG_9477.JPG

マイクロUSBで充電できるので、モバイルバッテリーを持っていれば電池が切れても充電可能。

調光は4段階(1%、50%、70%、100%)と点滅の5モードが用意されています。普通に夜のテントで使うなら50%くらいで十分ですね。満充電にしておけば、1日4時間使うとしても5泊程度できます。

デザインもシンプルですし、安くて軽量、コンパクト。これまたいい製品です。
タグ:照明
posted by マツモトケイジ at 15:01| ウェア

2016年10月25日

BRS 超軽量ストーブアウトドアガスストーブ

先日紹介した激安テントの様に、中国製アウトドア製品の進化と低価格化は驚くべきスピードで進んでいまして、25gのガスストーブがお値段なんと1700円弱です。



人によっては発送まで時間がかかったという話もありますが、私は注文してから2日で届きました。

IMG_9353.JPG

パッケージは漢字が多めで、確かに中国製です。

IMG_9356.JPG

EPIのREVO-3700と比べるとこういうサイズ感。ちっちぇー!

むしろ100円ライターより小さいです。

IMG_9363.JPG

重さは確かに25g。ウソではありませんでした。ちなみにREVO-3700は99gです。1/4ですね。

IMG_9358.JPG

袋を入れると28g。3gくらいは仕方ないでしょうか。

IMG_9360.JPG

110gのOD缶にセットするとこれくらいの大きさです。

IMG_9361.JPG

手乗りサイズでかわいいですね。

IMG_9473.JPG

着火装置がないのでライターは必須です。まぁ、ライターは基本装備に入ってるので、どのバーナーを持っていくにしても持っていきます。

IMG_9364.JPG

カップ、バーナー、ライターのセットで90g。これだけあればお湯は沸かせますから、緊急用に持つならこれでOK。セットでREVO-3700より軽いですよ。

IMG_9480.JPG

もちろん普通にちゃんと使えます。僕は1回の食事でだいたい10gのガスを使うので、110g缶があれば3泊4日までならできるかなって感じです(無雪期なら)。もしガスが無くなったら山小屋で買うって手もありますね。

小型軽量で低価格。もう、文句の言いようがありません。

しかし、さらに安くて1000円を切っていたり、600円程度のガスストーブなんてのもあります。



もう、どうなっちゃってるんでしょうね。ガスボンベと値段変わりません。


タグ:火器
posted by マツモトケイジ at 14:44| 食事装備

2016年10月09日

激安テント時代が来る!

中国勢の参入により劇的に安くなってる登山装備ですが、火器なんか普通に使えて激安で、意外と悪くありません。
調べてみたら、中国製とおぼしき製品を中心にテントも激安製品があるようです。

まずは手始めにケルティのサリダ2。ケルティ自体はアメリカのメーカーでバッグを中心に作ってるらしいですがテントも売ってます。



2人用で約2kg。17,000円くらい。この時点でかなり安く感じますね。エアライズ2とか4万円しますからね。デザインも可愛くて良いですね。

続きまして本格的な激安テント。

謎のブランドTE-2。説明ではワンタッチテントとなってますが、普通のポール式です。重さは1.8kg。仕様と実際の大きさが少し違ったりするようですが、お値段なんと5,000円。



5,000円て。もはや山小屋に泊まるのより安くテントを買えてしまいます。エアライズ2を買った時に『2人で山小屋に3回泊まるとこをテント泊にすれば元取れるな』なんて思ってた訳ですが、5,000円だと1人分の一泊にも足りません。

この値段の2ウォールテントで2kgを切るってのは、5年前には考えられなかったですね。素材が安くなったのと、高い縫製技術の拡散が原因でしょうか。

そしてイレグロのこちら。



なんと4,000円切ってしまいました。もはや交通費より安い。重さは2kg弱だそうなので、元気な学生なんかこれで十分でしょう。1.5kgで4万円、2kgで4千円。僕が学生なら間違いなくこっち買います(今テント持ってなかったら買うかも)。

そして驚きのテントがコチラ、NatureHikeの1人用軽量テント。ペグと張り綱入れて1.5kgくらい。デザインが、どう見てもMSRのエリクサーです。



メーカーロゴまで似せちゃって、ホントに大丈夫でしょうか。お値段8,000円〜9,000円。本家の4分の1ほど。

間違いなく色んなメーカーのコピー商品であり、倫理的にはどうかと思いますが、この価格差だと日本のメーカーに勝ち目はないんじゃないでしょうか。テントを中国の工場に作らせたら設計技術や縫製技術を盗まれたってところでしょう。

今後はテレビやスマホと同じ様に、品質でも価格でも負けて勝ち目は無くなっていくでしょう。しばらくはブランド価値で日本メーカー製品を買う人はいるでしょうが、5年後はどうかわかりません。

登山装備の世界でも日本のモノ作りは負けてしまうんでしょうかね。

まぁでも、正直1つくらい買って試してみたいって気持ちはあります。冗談で買っても惜しくない値段ですからね。



これ買っちゃうかもしんないなぁ。
タグ:テント
posted by マツモトケイジ at 14:29| ギア