2016年10月25日

BRS 超軽量ストーブアウトドアガスストーブ

先日紹介した激安テントの様に、中国製アウトドア製品の進化と低価格化は驚くべきスピードで進んでいまして、25gのガスストーブがお値段なんと1700円弱です。



人によっては発送まで時間がかかったという話もありますが、私は注文してから2日で届きました。

IMG_9353.JPG

パッケージは漢字が多めで、確かに中国製です。

IMG_9356.JPG

EPIのREVO-3700と比べるとこういうサイズ感。ちっちぇー!

むしろ100円ライターより小さいです。

IMG_9363.JPG

重さは確かに25g。ウソではありませんでした。ちなみにREVO-3700は99gです。1/4ですね。

IMG_9358.JPG

袋を入れると28g。3gくらいは仕方ないでしょうか。

IMG_9360.JPG

110gのOD缶にセットするとこれくらいの大きさです。

IMG_9361.JPG

手乗りサイズでかわいいですね。

IMG_9473.JPG

着火装置がないのでライターは必須です。まぁ、ライターは基本装備に入ってるので、どのバーナーを持っていくにしても持っていきます。

IMG_9364.JPG

カップ、バーナー、ライターのセットで90g。これだけあればお湯は沸かせますから、緊急用に持つならこれでOK。セットでREVO-3700より軽いですよ。

IMG_9480.JPG

もちろん普通にちゃんと使えます。僕は1回の食事でだいたい10gのガスを使うので、110g缶があれば3泊4日までならできるかなって感じです(無雪期なら)。もしガスが無くなったら山小屋で買うって手もありますね。

小型軽量で低価格。もう、文句の言いようがありません。

しかし、さらに安くて1000円を切っていたり、600円程度のガスストーブなんてのもあります。



もう、どうなっちゃってるんでしょうね。むしろガスボンベの方が高いじゃないか!


タグ:火器
posted by マツモトケイジ at 14:44| 食事装備