2017年02月06日

ミドリ安全 帽子用インナーキャップ バンド付き




今回紹介するのは、ミドリ安全の『帽子用インナーキャップ バンド付き』です。500円しない激安価格です。



Amazonで朝注文したらその日の夜に届きました。正直そこまでお急ぎしなくてもいいんですが、届いちゃったんだから仕方ない(プライム会員です)。

IMG_6439.JPG

見た目はこんな感じ。正面から見るとこんな感じ。重さは86gです。

IMG_6440.JPG

後頭部部分にバンドがあり、ズラすことでサイズ調整が出来ます。

IMG_6441.JPG

裏側。頭頂部部分がバネ状になっており防御力を高めつつ蒸れるのを防ぎます(それでも蒸れることは蒸れる)。

IMG_6443.JPG

調整バンドはこんな感じ。

IMG_6444.JPG

装着後にズラせばいい感じにフィットします。

IMG_6445.JPG

サイドにスリットがあるので、ここに顎紐を通せば衝撃を受けても外れないように出来ます。

なんの安全規格にも通っていないのでクライミングや岩稜帯で使うには強度的に不十分です。が、低山の一般ルートを歩く場合に着ける程度にはいいんじゃないかと思います。

一般登山道でも落石はありますし、転倒して頭を打つこともあります。でも、かと言ってクライミング用ヘルメットを着けてハイキングコースみたいな道を歩くのは気が引けます。そんな場合にはピッタリです。

欠点は、これを着けてそのままだと『教団っぽさ』がすごいところ。

16523671_1417878488283545_1043939368_o.jpg

ヘッドギアの様ですね。僕なら近づきません。

教団感を消すには帽子が一番。

IMG_6449.JPG

帽子にスッポリ入ります。っていうか『帽子用インナーキャップ』って商品名でしたね。

IMG_6447.JPG

帽子の折り返し部分に入れれば、装着感も良くなりますし汗の不快感も緩和できます。

IMG_6446.JPG

後頭部から調整ベルトがちょっと見える程度です。

IMG_6448.JPG

ベルトは外すことも出来ますが、後頭部保護やフィット感のためにそのまま使うのがよいでしょう。

黒もあります。こちらの方が教団っぽさは弱く、髪と同化してバンドも目立たないかも知れません。



重ね重ねですが、クライミングなどにはUIAAやCEなどの規格に準拠したヘルメットを使いましょう。クライミングでの落下や落石に耐える強度はありません。あとは、自己責任です。
posted by マツモトケイジ at 16:41| ギア