2015年10月11日

S&B せいろ蒸し赤飯(などのパックご飯)

sb001.jpg

先日、瑞牆山荘から奥多摩駅まで4泊5日で縦走してきました。距離は大体70km。トレランの人なら24時間で走り切っちゃう距離ですが、20kgくらいあるザックを背負って歩くのはこたえました。

sb002.jpg

細かい話はまたどっかに書くとして、今回は食事の話。主食として菊水の寒干しラーメンとS&Bのパックご飯を持って行ったんですが、パックご飯がなかなか良かったです。

スペック

sb004.jpg

■S&B せいろ蒸し赤飯
重量:176g
内容量:160g
ゴミの重さ:16g
カロリー:303kcal
価格:160円くらい

比較対象としてアルファ米のスペックはコチラ。

■尾西 赤飯
重量:117g
内容量:100g
ゴミの重さ:17g
カロリー:369kcal
価格:300円くらい

装備として気になるのは重さ、栄養的にはカロリーでしょうか。

・アルファ米の方が60gくらい軽い。
・アルファ米の方が63kcal多い。


4泊5日の朝と夜に食べるとすると8食なので、全食パックご飯にすると1.4kgでアルファ米より480g重くなります。ただ、毎食ごとにその差は埋まっていくので食べれば食べるほど楽になります。

多少のデメリットがありつつパックご飯を選んだのは、それなりにいいところがあるからでして。

パックご飯のいいところ

・安い
まず値段が安い。アルファ米と比べて半額くらいです。8食だと1,000円くらい安くなります。テン場代1回か2回分になります。もしくは山小屋の缶ビール2本。

・美味しい
尾西のアルファ米は美味しいけど、でもやっぱアルファ米です。パックご飯はモチモチ感とコシがあって美味しいです。

・すぐ食べられる
アルファ米は熱湯で20分、水なら1時間掛かります。パックご飯の場合はご飯をコッヘルに入れて少量の水を入れて火に掛けて蒸せば5分ほどで食べられます。そんなに寒い季節でなければそのまま食べられます(少し固いけど)。
ただ、真冬だと糊化、または凍ってしまうのでそのままは厳しいです。

という訳で、結構いいところもあったりします。

美味しい食べ方

sb003.jpg

■基本
1.パックを開けてご飯をコッヘルに投入。
2.50mlくらい水を入れて火に掛け、5分ほど蒸らす。
3.蒸し上がってお湯が残っていたら捨てるか飲むかもうちょい蒸す。

sb006.jpg

■応用
1.コッヘルで250mlくらいお湯を沸かす。
2.沸いたら200mlでみそ汁やスープを作る。
3.残りのお湯でご飯を蒸らし、みそ汁を飲みながら待つ。
4.蒸し上がりにお湯が残っていたらみそ汁に足しちゃう。

sb005.jpg

お湯を多くしておかゆにすることも出来ますし、ラーメンを作って食べた後の汁に白飯を投入して煮込んじゃってもいいと思います。工夫すれば早く美味しく安く済みます。

まとめ

山で自炊となると、ついアルファ米を選びがちですがパックご飯もなかなかやりおるよ?という記事でした。

登山をはじめた当初はアルファ米を山道具屋さんで買ったりしてました。でも最近は普通のスーパーでもフリーズドライ食品を扱ってたりして、安くて品揃えもいいので山用の食料はもっぱらスーパーで買っています。

久しぶりに更新したので、色々やり方忘れてましたw。また気が向いたら更新します。
タグ:食料
posted by マツモトケイジ at 08:22| 食べ物