2018年04月10日

フライパン特集

IMG_4262.jpg

今回は自炊装備のフライパンを色々紹介します。

自炊と言うととりあえずお湯を沸かすのでコッヘルを装備に入れますが、フライパンを使えば料理の幅が広がります。

例えばステーキとか。

IMG_5763.jpg

すき焼きもコッヘルでやるより美味しくできます。

IMG_3724.JPG

と言うことで、各種フライパンについて紹介していきましょう!

ティファール21cmフライパン



いきなりアウトドア用じゃない普通のフライパンですが。

IMG_4251.jpg

色々なサイズがありますが、僕が使ってるのは21cmのものです。重さは実測で428gです。

IMG_4253.jpg

持つとこんな感じ。

IMG_4269.jpg

ティファールのフライパンは内側にビスが無いので料理のストレスが少なくなります。

2,3人でテント泊や自炊小屋泊をするときはこのくらいのサイズがあると良いですね。ちょっと重いですが。

ノーブランド ミニフライパン 14.5cm



これもアウトドア用じゃない普通のフライパンです。

IMG_4267.jpg

重さは194gです。このくらいなら装備に入れても苦になりません。

IMG_4254.jpg

手に持つとこれくらいのスケールです。

IMG_4268.jpg

一人ならこのサイズで十分ですね。ステーキや焼肉が可能です。

プリムスのコッヘルの蓋 12cm



コッヘルの蓋がフライパンになっていて、テフロン加工されています。

IMG_4266.jpg

72gです。さすがに軽いですね。

IMG_4255.jpg

手に持つとこんなサイズ感です。小さい。

IMG_4265.jpg

コッヘル全体で267gあります。コッヘルとしてはやや重い部類ですが、お湯を1リットル沸かせます。

IMG_4256.jpg

さっきのノーブランドフライパンにチタンコッヘルを足すと300gくらいになるので、ちょっとした焼き物ならこちらのコッヘルを使うのも良いでしょう。

IMG_4263.jpg

ユニフレーム ごはんクッカーの蓋 14.5cm



大コッヘル、中コッヘル、フライパンがセットになったクッカーセットです。

IMG_4270.jpg

14.5cmの大きさで125gと軽量です。ノーブランドの14.5cmと比べて2/3くらいですかね。

IMG_4257.jpg

手に持つとこれくらいです。

IMG_4271.jpg

中コッヘルと合わせると286gです。

IMG_4260.jpg

全部セットで624gです。3,4人で鍋とか色々するなら便利なサイズですね。

IMG_4259.jpg

最近は一人が多いのであんまり使ってません。使うとしたらフライパンだけ持って行って肉でも焼くかな。

IMG_5769.jpg

僕は持ってませんがモンベルのクッカーセットなんかも良いですね。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124690

まとめ


・フライパンがあると肉とか焼けて超楽しいです。

・家庭用のフライパンでも大丈夫ですが、ちょっと重いので装備を軽くしたいならアウトドア用を。

・大抵はコッヘルの蓋と兼用だったりします。コッヘルを選ぶときに考慮しましょう。
タグ:食器 火器
posted by マツモトケイジ at 13:26| 食事装備