2013年01月23日

enecycle EN03(携帯充電器)

今回紹介するのはenecycleの「EN03」です。容量は10,000mAhあり、iPhoneの場合はバッテリーが空の状態から4回フル充電出来ます。



この充電器は容量の割に値段が安いのが特徴です。例えば、容量が半分くらいのPanasonic製QE-PL202-Wは3,500円程度しますが、これは容量が大きいのに2,700円程度で買えます。



Amazonで購入、届いてみると案外ちゃんとしたパッケージに入っています。

IMG_0598.jpg

巻き取り式のケーブルと、各種携帯電話のコネクタが付属しています。ケーブルの先は外れるようになっていて、コネクタを替えれば様々な機種に対応出来る仕組みです。中国の携帯充電器に多いタイプです。

IMG_0601.jpg

バッテリーへの充電はミニUSBコネクタで行います。

IMG_0604.jpg

出力の口は2個ありまして、通常スマホは2.1Aの口から充電します。2台同時に充電することも可能です。2.1Aの方が出力が大きいので短時間で充電出来ます。

IMG_0603.jpg

充電はケーブルで充電器とiPhoneを繋いで、充電器の電源ボタンを押すだけ。終わったらケーブルを抜けば自動的に放電が止まります。

IMG_0309.jpg

充電器の残量は4つのLEDで表示されますが、経験上これはあんまりアテになりません。3回充電してもLEDが3つ点灯していて、そこからもう1回充電したらパタッとLEDが消えました。どの程度使ったかは人間が覚えていた方がよさそうです。

IMG_0311.jpg

重さは240g。流石に容量が大きいだけあってズッシリ重いです。が、4回満充電出来る安心感は大きいので、山に行くときは必ず充電して持っていくようにしています。スマホをGPSとして使うとバッテリー消費が大きいですからね。

IMG_0627.jpg

4回分となると2泊3日でも全然余裕です。むしろ、充電器を忘れた仲間の分まで充電出来ちゃう容量です。スマートフォンを山で使う人は必携の装備と言えましょう。

iPhoneの充電器関係ではこんな記事も書きました。
「iPhoneのGPSとかバッテリー消費の事をまとめた」
ご参考になれば幸いです。





タグ:デジタル
posted by マツモトケイジ at 00:00| Comment(0) | スマートフォン
この記事へのコメント