2013年04月28日

ファイントラック メリノスピンサーモ

今回紹介するのは、ファイントラックの「メリノスピンサーモジップネック」です。



冬用のベースレイヤーとして買いました。下にはフラッドラッシュスキンメッシュを着ています。ドライレイヤーとベースレイヤーはファイントラックで揃えた方がいいかなと思ったんですよ。

IMG_4025.jpg

ストレッチ性が高く、フワフワした感触です。表面には細かい穴が開いています。吸水速乾性に優れており、ドライレイヤーの水分を効率的に吸収して発散させてくれます。

IMG_4029.jpg

生地はメリノウールとポリエステルを組み合わせたメリノスピン糸で作られています。強度はウールの3倍以上で摩耗に強いそうです。でも、背中の裾部分は結構毛玉になってしまいました。背中部分はザックを背負っていて擦れやすいから仕方ないですかね。

IMG_4028.jpg

ジップネックの名前の通り、首の部分がジッパーになっています。暑いときは開けておくとちょっとだけ涼しくなります。ジッパーはチンガード付きで、一番上まで上げても顎に金属パーツが当りません。

IMG_4027.jpg

というわけで、抗菌防臭、高い保温性、吸水速乾など高機能なシャツです。色使いもファイントラックの中では無難な感じです。

雪山でも急な斜面を登ったりラッセルしたりすれば汗をかきます。そんな時にドライレイヤーと、こういった吸水速乾性が高いベースレイヤーを着ていると濡れ感を感じずに済みます。行動中はともかく、休憩などで止まると汗冷えしがちですからね。

こないだまでの雪山シーズンで着ていましたが、休憩中に汗冷えを感じる事はほとんどありませんでした。なかなか良いウェアだと思います。


タグ:ウェア
posted by マツモトケイジ at 16:56| Comment(0) | ウェア
この記事へのコメント