2013年08月23日

ブラックダイアモンド「カラビナ」

今回紹介するのは、ブラックダイアモンドのカラビナです。またえらいザックリした紹介の仕方だな。



カラビナと一口に言っても100円ショップで売ってるおもちゃみたいな物もありますし、モンベルとか登山用品メーカーの物でもクライミングに使えない物もあります。今回はクライミング用のカラビナについて書きます。

IMG_5994.jpg

カラビナは色んなメーカーで色んな形、大きさがあります。クライミングを続けていくと増えて行きますが、僕は今のところブラックダイアモンドの安全環付きカラビナ3個とワイヤーゲートのカラビナ2個を持っています。なぜブラックダイアモンドかというと別にこだわりがある訳じゃなくて、安かったから。

カラビナは他にPETZLなども出しているのですが、なんか高いんですね。お店の人に「なぜ耐荷重とか大きさとか同じなのに値段が違うんですか?」と聞いてみたら、「ブラックダイアモンドは大量生産してるから安く、PETZLはビレイデバイスと組み合わせて使える様に工夫されているから高い」という話でした。ということで安いから質が低いって訳でも無さそうなので、いまのところブラックダイアモンドのカラビナを使っています。

耐荷重

カラビナには規格にのっとった耐荷重がありまして、それはカラビナ自体に表示されています。カラビナをよく見ると数字と記号が書かれています。

IMG_6131.jpg

「←→24 ↑↓7 Gを横にした様な記号 7kN」これは、カラビナが縦の時には24kN(およそ2.4トン)の荷重に耐えられる事を示しています。カラビナが横になっている状態では3分の1未満になってしまいます。

IMG_6131.jpg

↓縦ってのはつまりこの状態。ゲートが閉じていれば相当に頑丈です。

IMG_6133.jpg

Gを横にした様な記号はゲートが開いた状態を示しています。こんな感じでゲートが開いている状態も弱く、7kNを超える荷重で壊れます。

IMG_6134.jpg

耐荷重はカラビナによって違いますが、実はこの青くて小さいのと、大きくてごついカラビナの耐荷重は同じです。

IMG_6132.jpg

ほら、24kNと7kN。ワイヤーゲートって華奢に見えて実は結構頑丈です。が、ゲートがロックできないので絶対に外れたら困るような用途には使えません。例えばビレイデバイスと組み合わせてビレイや懸垂下降をする場合は絶対に安全環付きカラビナを使います。

安全環付きカラビナ

IMG_6007.jpg

安全環付きカラビナはゲートのロックネジを締めることでゲートを固定できます。これはロックが掛かっていない状態。

IMG_6136.jpg

ロックの下の黒い輪っかが見えていない状態ではロックが掛かっていません。

IMG_6135.jpg

ロックを掛けると輪っかが見えるようになります。目視でも確認出来ますが、実際に使う場合はビレイヤーとクライマーの双方で実際に手で触ってロックを確認します。

安全環はこの様なスクリュー式もあれば手を離せば自動で閉まるオートロック式の物もあります。ただオートロックは慣れないと使いにくく感じるので最初はスクリュー式がよいでしょう。

カラビナはクライミングをしてると結構たくさん必要になります。気に入ったのを見かけたら色々買ってみるのもいいかもしれません(統一するのも使い勝手の上でいいでしょうけど)。


posted by マツモトケイジ at 00:00| Comment(2) | クライミング
この記事へのコメント
ペツルが高いのは日本だからだす。日本でヨーロッパ圏の製品がなぜか高いだけと思います。海外での値段調べてみてください。
Posted by na at 2013年08月23日 10:33
http://www.amazon.com/s/ref=sr_nr_n_9?rh=n%3A3402551%2Ck%3APETZL&keywords=PETZL&ie=UTF8&qid=1377231876&rnid=2941120011
あ、ホントだ。ブラックダイアモンドよりはちょっと高いけど日本ほどの差はないですね。ビレイデバイスなんかも海外だと安いっすね。買おうかな。
Posted by マツモトケイジ at 2013年08月23日 13:28