2013年09月05日

エーデルワイス オーフレックス10.2mm×30m

今回紹介するのは、エーデルワイスの「オーフレックス10.2mm×30m」です。クライミング用のロープです。



外岩などアウトドアで使うには30mは短いのですが、インドアのクライミングジムでリードクライミングをするのには十分な長さ(ジムによっては足らない場合もありますが)という事で、ジムの練習用に買いました。

IMG_6139.jpg

リードクライミングというのは、自分のハーネスにロープの末端を結び、壁にぶら下がっているカラビナ(クイックドロー)にそのロープを掛けながら登る方法です。対して、上からぶら下がっているロープを自分に結んで登る方法はトップロープと言います。本来はクライミングと言えばリードクライミングでして、トップロープはあくまで基礎練習の方法となります。

リードクライミングをするにはロープが必要で、T-wall(江戸川橋と錦糸町にあるクライミングジム)だとレンタルもあるんだけど(420円)クライマーとしてロープの1本も持ってないのはいかがなものか、ということでインドアで使う練習用ロープとして買ってみました。これまでは友達のロープを使わせて貰っていたのですが、ロープも消耗品ですからね。使わせて貰うだけでは申し訳ありません(重いし)。

IMG_6140.jpg

ロープには性能がありまして、このオーフレックスの場合は、

・耐墜落回数 8回
体重80kgで落下係数1.77の墜落回数を意味します。落下係数1.77は、例えば5m登って8.85m落ちた場合が落下係数1.77。ジムだとグラウンドフォールになります。なので、リードで登ってて多少落ちたからって耐墜落回数が減るって訳ではありません。

・伸び率 9.5%
クライミングロープは登る事で衝撃を吸収します。伸び率が大きい方が衝撃吸収が大きいのですが、その分落下距離が長くなるので1クリップ目などで落ちるとグランドフォールしてしまいます。

・衝撃荷重 8.20kN
これは落下したときに人間に掛かる最大の荷重を表します。これは小さい方が良くて、最大で9kN程度です。なお、人間は12kNの衝撃で死ぬと言われています。

・重量 1,950g(65g/m)
当然軽い方が良いのですが、素材はどれも似たようなもんなので主にロープの太さと相関します。細い方が軽い、でも細いと耐墜落回数が少なかったりします。

・テクノロジー
O-FLEXとHD COVERという技術が導入されているそうで、要はしなやかで摩耗しにくく長寿命なロープなんだそうです。ここに書かれてました。インドアクライミングに向いているロープと言えそうです。

ジムのトップロープで使われているロープはおそらく11mmで、使い込まれて毛羽立っているのでビレイの時に止めやすいです。が、これは10.2mmとちょい細め、表面が滑らかなのでクライマーが落ちた時などにちょっと流れます。なので制動確保しやすいと言えばそうなのかも知れませんし、初心者がビレイヤーだとちょっと恐いような気もします。

60mを二人で分けるという手もあります

僕は最初のロープと言うことで耐墜落回数で選びましたが、コストパフォーマンス重視で選ぶとベアールのロープもいいかも知れません。



これを買って二人で分けて30mを2本作るなら1本6,000円になります。安い!耐墜落回数は6回。伸び率は不明です。もちろん安いからと言って危険なロープという訳では無く、ちゃんとしたクライミングロープです。

全員がロープを持ってる必要は全然ありませんが(パーティーの半分あれば十分なので)、持ってれば好きなときにリードクライミング出来るので便利かも知れません。ビレイヤーがいればだけどさ。


posted by マツモトケイジ at 15:24| Comment(0) | クライミング
この記事へのコメント