2013年12月29日

雪崩対策3点セット

今回紹介するのは『雪崩対策3点セット』です。よく三種の神器とか言ったりしますが、神器って言うほど万能でも絶対でもないので『雪崩対策3点セット』としてみました。

アバランチビーコン

まず最初はアバランチビーコン。1台目って事で、値段ではぶっちぎりの安さを誇るピープスの『フリーライド』を選びました。



樂天の秀岳荘NETSHOPで買いました。調べた限りでは一番安く買えます。送料は無料でした。

Amazonでも買えます。運が良ければ中古を安く買えるでしょう。



で、箱はこんな感じ。

IMG_7974.jpg

中身は外国語の説明書、輸入代理店製の日本語説明書、本体(電池入り)、携帯用ハーネス。説明書には使い方から探索の仕方まで書いてあります。フリーライドは海外での値段と差が無いので日本語説明書入りを買うのがよいでしょう。

IMG_7976.jpg

本体の下がスイッチになっていて、これがオフの状態。

IMG_7980.jpg

反時計回りに回して蓋を閉じるとオンになります。自己診断をしたあと送信モードで起動します。

IMG_7981.jpg

これが送信モードの状態。数字は電池の残量です。単3アルカリ電池で200時間保つそうです。

IMG_7984.jpg

電池蓋は時計回りに回すと外れます。

IMG_7979.jpg

長期間使わない場合は液漏れ対策として電池は外しておきます。

IMG_7978.jpg

大きさは手の平サイズ。携帯電話と同じくらいでしょうか。電池を含んだ本体重量は110gです。軽量コンパクトなアバランチビーコンです。

IMG_7985.jpg

探索モードにするには、ディスプレイの右にある黄色い所を3回連続でクリックします。すると探索モードになって距離と電波の向きに沿っているかどうかという方向を教えてくれます(埋没者の方向とは限らない)。探すには慣れが必要なので、ビーコンを持ってる人と探索の練習をしておいた方がよいでしょう。

フリーライドの欠点というか価格なりに当然ですが、受信用のアンテナが1本しかありませんので探索モードの感度は高級機に劣ります。1台目として練習用とか、仲間や家族用とか、そういう意味で買うには良い値段だと思います。だって、本格的に高いのって普通に2倍とか3倍の値段なんだもの。


スコップ

ブラックダイアモンドの『トランスファー3』を買ってみました。





小さめのスコップで、重さは650g。青いブレードが可愛い。

IMG_7994.jpg

柄は伸ばすことも出来ます。

IMG_7996.jpg

外せるので収納するのに便利です。

IMG_7997.jpg

手に持ったサイズ感はこんな具合。

IMG_7999.jpg

伸ばすとこんな感じ。

IMG_8000.jpg

同シリーズでトランスファー7というのもありますが、ちょっとだけ大きく出来てます。重さが120g重いので小さいトランスファー3にしました。

プローブ

最後はプローブ。





ビーコンで埋没者の位置を探して、本当に埋まってるのか調べるための棒です。短く収納できて軽い物がいいかなーという事でブラックダイヤモンドの『クイックドロー スーパーツアー265』を選びました。265ってのは長さです。300cmのもありますが、長すぎても使いにくいかなと。

重さは300g。ってことで、ビーコンが110g、スコップが650g、プローブが300gの合計1,060gが3点セットの重さとなります。雪山って装備が多くて重くて大変ですよね・・・。

IMG_8001.jpg

バラバラっと広げて金属ワイヤーのドローコードを引っ張るとテントのポールみたいに棒状に繋がります。なぜか猫が興味津々。

IMG_8003.jpg

手元に金属の部品が出てくるので更に引っ張ります。

IMG_8008.jpg

パチッと音がしてストッパーになります。

IMG_8005.jpg

これで雪の下を探るって訳です。持ち手の部分は滑り止めの為かヤスリみたいにザラザラです。

練習しなきゃです

と、言うわけで3点セットを買いましたが買って持ってるだけじゃ意味がありません。使いこなせないことには宝の持ち腐れですので、機会があったら練習してみたいと思います。


posted by マツモトケイジ at 20:09| ギア