2013年03月10日

グリベル G12オーマチック

今回紹介するのは、グリベルの「G12オーマチック」です。定番の12本爪アイゼンですね。



冬山用の登山靴に着けるとこんな感じになります。

IMG_3161.jpg

これはいわゆるワンタッチアイゼンです。ワンタッチアイゼンってのは装着が楽な仕組みのアイゼンを指します。装着には登山靴側が対応している必要があります。

IMG_3155.jpg

ワンタッチアイゼンは、上の写真の様に靴のつま先にアイゼンを着けるための「前コバ」がある登山靴に装着できます。もちろんかかとの部分には「後ろコバ」が付いていて、スキーのビンディングみたいに固定します。

IMG_3156.jpg

前コバと後ろコバの両方がある靴に付くのがワンタッチアイゼンで、後ろコバだけある靴で使えるのがセミワンタッチアイゼンです。コバが全くない靴の場合は前後共にハーネスで留めるアイゼンがあります。

例えばこんなの。ニュークラシックって、新しいの?古いの?!って感じで面白い名前ですね。



これはスリーシーズンの靴にも着けられるので、冬靴を持っていても敢えてハーネスタイプを選ぶ人もいます。僕がワンタッチアイゼンを買ったのは、ワンタッチとかそういう機能が好きだからです。


G12オーマチックの話に戻りましょうか。畳んだ状態ではこんな感じ。

IMG_3151.jpg

伸ばすとこんな感じです。

IMG_3152.jpg

靴のサイズに応じてアイゼンの長さも簡単に調整出来ます。かかとにある金具を引くと黒い金具を前後に動かせるようになるので、靴に合うように調整します。僕は靴と一緒にアイゼンも買ったので、靴を買ってそのままアイゼン売り場に行ってお店の人に選んでもらい、その場で調整もやってもらいました(やり方も教えてくれます)。

IMG_3152B.jpg

これを選んだとき、実は別の最新モデルを勧められました。が、いざ「コレください」って言ったら「そうそう、こっちの旧モデルがセールなんですよ」なんて言って出してくれまして。この調整部分が最新版はちょっと違うようです(ヨーロッパの靴に対応するためにマイナーチェンジしたらしいが、日本の靴には関係無いそうだ)。

そんな訳で、たしか半額くらいで買えました。ネットショップも良いですが、登山道具はお店で買った方がお得な場合も多いです。


裏側にはドーム型のアンチスノープレートが付いています。これが非常に優れもので、雪玉がほぼ付きませんし、付いても簡単に落ちてくれます。

IMG_3159.jpg

雪玉が付いちゃうと重くてしょうがないので、アンチスノープレートの性能は重要です。その点でグリベルのアイゼンは申し分ありません。

IMG_3160.jpg

ワンタッチアイゼンにおいてベルトってのは、「万が一外れちゃった場合にアイゼンが谷底に落ちていかないようにする」という程度の意味しかありません。でも昔ながらにベルトは付いています。セミワンタッチやハーネスタイプの場合はベルトは重要なパーツです。

IMG_3153.jpg

このベルトですが、大抵はすごく長くて余るので、靴に装着した状態で15cmくらい残して切ります。切り口はライターで炙って固めます。

ここで注意点なのですが、例えばスリーシーズン用の靴にアイゼンを着けてベルトの余りを切ったとします。で、その後に冬靴を買ってアイゼンを着けてみるとどうなるか?普通は冬靴の方が大きいのでベルトが足らなくなってしまうのです。なので、スリーシーズン用の靴でベルトの長さを調整する場合はちょっと長めに残しておく方がよいでしょう。ちょっと長い分にはあまり困らないですが、足らないと本当に困っちゃいます。

IMG_3154.jpg

あと、僕はアイゼンのベルトとかかとのビンディングに名前を書いてます。グリベルのアイゼンは使ってる人が多いので、間違えられると困ってしまいます。他の装備もそうですが、間違えられると困っちゃうので最近は目立つところに名前を書くようにしています。

IMG_3163.jpg

重さは955g。さすがに12本爪となると重いですね。でも本格的な雪山に登る場合は必須の装備ですから仕方ありません。


12年の11月に買って、山行で使ったのは3回ですが、装着しやすく雪玉も付きにくて使いやすいアイゼンだと思います。

ただし、アイゼンやピッケルなど冬山の装備は、ただ買ってなんの知識も訓練もなく使える物ではありません。ちゃんと使い方を教えてもらい、実地で訓練する必要があります。

使い方を間違えると、爪を引っかけて転んだり滑落する危険があります。逆に、きちんと練習して使いこなせれば頼もしい味方となってくれます。しっかり選んでしっかり練習して、今まで登れなかった雪山に登れるようになるのは大変に楽しいし嬉しいし誇らしい事です。

雪が積もった山頂への一歩一歩に絶対に必要な装備、それが12本爪アイゼンです。

◇グリベル・アイゼン G12オーマチック

◇グリベル・アイゼン G12オーマチック
価格:17,955円(税込、送料込)




タグ:雪山
posted by マツモトケイジ at 15:11| Comment(0) | ギア

2013年02月28日

ノーブランド サングラス

今回紹介するのは、ノーブランドの「サングラス」です。



スポーツデポで安く売られていたのを買いました。値段はよく覚えてませんが、多分高くても700円とかそんなもん。そんな値段のサングラスでも、ちゃんと一眼レフでバウンス撮影するとイイ物に見えますな。

IMG_3058.jpg

山で使うサングラスで大事なのは、

・曇らないこと
・目をちゃんと覆えること
・UVカット

の3つかなと思っています。その点、このサングラスは表示を信用するならUVカットだし、顔の曲線に合わせた形なので目は覆えています。曇り止めについては、あんまり汗をかくと曇るので、そこは安物の宿命でしょうがない。曇り止めスプレーを使っています。使っていて安物だから特別不便だなーって事は今のところありません。

DSC_3907.jpg

畳むとこんな具合で、普通の眼鏡入れに入りません。あ、もちろんケースなんてものは付いていませんので、自分で適当に用意します。

IMG_3060.jpg

僕はレーシックをする前は視力が悪くて眼鏡を掛けていまして、その頃使っていた眼鏡のケースがピッタリでした。

IMG_3061.jpg

蓋をしてもこの通り、ピッタリ収まりました。視力が回復して以来無用の長物だった眼鏡ケースですが、取っておいてよかったなと思います。

IMG_3056.jpg

このケースに入れると安物のサングラスに見えないという効果もありますw。

オークリーのサングラスなんかも格好良くて憧れますが、高いサングラス買うならそのお金でピッケルとかビーコンとか、まだ持ってない装備を買いたいなと思ったりします。





posted by マツモトケイジ at 00:00| Comment(0) | ギア

2013年02月27日

モンベル コンパクトカメラケース M

今回紹介するのは、モンベルの「コンパクトカメラケース M」です。



色々サイズがありますが、ちょうどコンデジが入る大きさが良いかなって事でMサイズにしてみました。

IMG_3048.jpg

最近よく使うコンデジはCanonのPowerShotS90ですが、ちょうどスッポリ入ります。

IMG_3053.jpg

裏側にはベルクロのベルトが着いていて、ザックの肩ベルトや腰ベルトに付けられます。ただ、腰ベルトに付けるとザックを下ろしたときに地面とケースが接してしまってイヤなので僕はもっぱら肩ベルトに着けています。

IMG_3049.jpg

こんな感じ。脇のちょっと上くらいに来るように着けると使いやすいです。

IMG_5171.jpg

こういうのでカラビナのがありますが、カラビナでぶら下げると、歩くときにブラブラして邪魔です。僕は絶対にベルト派。しっかり止まっておいてくれないと登山では使いにくいと思います。

ベルクロは2重になっており、フワフワが両面に付いてるベルトを、チクチク2枚で挟んで留めます。結構しっかりしてますので、たまたま外れちゃうという事故は起こらなそうです。

IMG_3050.jpg

カメラを収納して、巾着状の口を絞ることも出来ます。この上から雨蓋を被せると万全です。多少の雨なら大丈夫っぽい。

IMG_3054.jpg

ですが、この巾着部分がちょっと厄介で、手袋をしてるとカメラを入れにくいんです。カメラを出す時はストラップを外に出しておいて引っ張れば良いんですが、収納が面倒です。

IMG_3055.jpg

収納のしやすさなんか考えると、内側は巾着じゃなくてファスナーの方が良かったんじゃないかなと思います。例えばこんなの。



ただ、これは口がファスナーで、しかも止水ファスナーでもないので雨に弱そうです。まぁ、雨が降ってきたらどっちにしろ撮影なんか出来ないんだからカメラはザックに仕舞えよって話ですが。ファスナー+雨蓋って組み合わせが使いやすいんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。

最近は登山にコンデジをあまり持って行かなくなったので出番少ないですが、楽をしたいときに(一眼レフを持っていきたくないときに)はコンデジと共に使っています。携帯を入れておくのにもいいかも知れません。


タグ:デジタル
posted by マツモトケイジ at 14:34| Comment(0) | ギア