2013年03月12日

エイ出版 PEAKS 2013年03月号付録のエア座布団

今回紹介するのは、エイ出版の「PEAKS 2013年03月号付録のエア座布団」です。PEAKSはお馴染みの山雑誌ですが、2013年の1月号から3月号まで特別付録が付いていました。値段はいつもより100円高い980円。



3月号の付録はエア座布団でした。よくテント泊などでつかうエアマットがありますが、それの小型版ですね。

IMG_3176.jpg

大きさは、僕の手と比べるとこれくらい。ちょうど座布団です。

IMG_3178.jpg


黒い部分はねじ式になっていて、回して口で空気を入れると適度に膨らみます。

IMG_3175.jpg

空気を抜けば小さく折りたためます。

IMG_3174.jpg

行動中に座布団を膨らませて敷くとか、実はあまりしなかったりします。ザックに座れば良いかなーとか。でも、地面が湿ってたりしてザックを置くのはイヤだなって場合にこういう座布団があれば便利かも知れません。

また、以前紹介したロゴスのサーモマットと併せて花見やピクニックで使うと快適度がアップしそうです。

PEAKSの次号は3/15発売ですから、今日明日くらいは書店にありますしAmazonならまだしばらくは買えると思います。記事はギアやウェア関係が多く、当ブログを好きな人には有用な情報が載っていました。座布団500円、本紙480円くらいの価値と考えるとお得です。


posted by マツモトケイジ at 13:43| Comment(2) | 小物

2013年02月18日

セラケア ウォーキング用インソール

今回紹介するのは、セラケアのウォーキング用インソールです。



またザックリした商品名ですが、同じ物はもう売ってないみたいです。たしか僕は東急ハンズで買いました。

IMG_3045.jpg

もうかれこれ6年以上は使っていますので、相当くたびれてます。写真では見にくいですが、足の真ん中とか指の辺りが出っ張ってます。多分ウォーキングで疲れにくいような工夫なんでしょう。

IMG_3046.jpg

ちょっと汚いですが、裏側はこんなん。蒸れが抜けるように溝があったり穴が開いてたりします。黄色い部分はペタペタしてます。多分ズレを防止するために粘着性のシリコンゴムが使われています。

IMG_3047.jpg

裏側は全体的に弾力があるシリコンゴムで出来ていますが、かかとの部分は特に厚くできています。しっかりと衝撃を吸収してくれそうです。

この手の衝撃吸収インソールってのは色々出ていまして、ミズノの製品もあるようです。おそらく僕が使ってるセラケアのよりも進歩してると思いますので、そろそろ買い換えてもいいのかなーなんて思ったりもします。冬は保温インソールを使うのもアリですかね。






posted by マツモトケイジ at 16:39| Comment(0) | 小物

2013年01月10日

ハイマウント マジックベアベル

今回紹介するのは、ハイマウントの「マジックベアベル」です。



山と言えば熊です。本州の山にはツキノワグマ、北海道の山にはヒグマがいます。

IMG_1940.jpg

ツキノワグマは雑食なので積極的に人を襲うことは少ないようですが、遭遇すれば熊自身も怖いですから襲いかかってくることもあります。ですから、一番良いのは熊に人間の存在を知らせて遭わないようにする事です。

sika2.jpg

以前、冬に一人で奥多摩の石尾根を登ってる途中で鹿の死体を見つけました。ツキノワグマは生きている鹿を襲わないらしいので、おそらく死んだ鹿を熊が食べた(雑食なので死体は食べるらしい)のだと思います。

sika.jpg

一人って事もあってあれは怖かった。それ以来熊鈴を持つようにしています。

IMG_1942.jpg

この熊鈴はなかなかに音が大きく、南部風鈴のような透き通った音色が響きます。音量的には熊鈴の役割をちゃんと果たしてくれそうです。実際に熊に聞かせた訳じゃないから想像だけど。

ところで、なんで「マジックベアベル」かと言うと、ベルの根元がネジ式で外れるようになっているから。音を簡単に止められます。

IMG_1943.jpg

こうすると音が鳴らなくなる訳です。人が多くて音を出したくないときはミュートさせ、また歩き出したら音が出るようにするということが簡単に出来るようになっています。ですから、ザックを下ろさずに操作できるような位置に付けておくと便利なのですが、その辺は好みかなという気もしますのでお好きな場所に付けてください。

IMG_1959.jpg

重さは91g。ベルが肉厚でしっかりしているのでちょっと重めです。

タグ:
posted by マツモトケイジ at 00:00| Comment(0) | 小物