2018年04月10日

フライパン特集

IMG_4262.jpg

今回は自炊装備のフライパンを色々紹介します。

自炊と言うととりあえずお湯を沸かすのでコッヘルを装備に入れますが、フライパンを使えば料理の幅が広がります。

例えばステーキとか。

IMG_5763.jpg

すき焼きもコッヘルでやるより美味しくできます。

IMG_3724.JPG

と言うことで、各種フライパンについて紹介していきましょう!

ティファール21cmフライパン



いきなりアウトドア用じゃない普通のフライパンですが。

IMG_4251.jpg

色々なサイズがありますが、僕が使ってるのは21cmのものです。重さは実測で428gです。

IMG_4253.jpg

持つとこんな感じ。

IMG_4269.jpg

ティファールのフライパンは内側にビスが無いので料理のストレスが少なくなります。

2,3人でテント泊や自炊小屋泊をするときはこのくらいのサイズがあると良いですね。ちょっと重いですが。

ノーブランド ミニフライパン 14.5cm



これもアウトドア用じゃない普通のフライパンです。

IMG_4267.jpg

重さは194gです。このくらいなら装備に入れても苦になりません。

IMG_4254.jpg

手に持つとこれくらいのスケールです。

IMG_4268.jpg

一人ならこのサイズで十分ですね。ステーキや焼肉が可能です。

プリムスのコッヘルの蓋 12cm



コッヘルの蓋がフライパンになっていて、テフロン加工されています。

IMG_4266.jpg

72gです。さすがに軽いですね。

IMG_4255.jpg

手に持つとこんなサイズ感です。小さい。

IMG_4265.jpg

コッヘル全体で267gあります。コッヘルとしてはやや重い部類ですが、お湯を1リットル沸かせます。

IMG_4256.jpg

さっきのノーブランドフライパンにチタンコッヘルを足すと300gくらいになるので、ちょっとした焼き物ならこちらのコッヘルを使うのも良いでしょう。

IMG_4263.jpg

ユニフレーム ごはんクッカーの蓋 14.5cm



大コッヘル、中コッヘル、フライパンがセットになったクッカーセットです。

IMG_4270.jpg

14.5cmの大きさで125gと軽量です。ノーブランドの14.5cmと比べて2/3くらいですかね。

IMG_4257.jpg

手に持つとこれくらいです。

IMG_4271.jpg

中コッヘルと合わせると286gです。

IMG_4260.jpg

全部セットで624gです。3,4人で鍋とか色々するなら便利なサイズですね。

IMG_4259.jpg

最近は一人が多いのであんまり使ってません。使うとしたらフライパンだけ持って行って肉でも焼くかな。

IMG_5769.jpg

僕は持ってませんがモンベルのクッカーセットなんかも良いですね。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124690

まとめ


・フライパンがあると肉とか焼けて超楽しいです。

・家庭用のフライパンでも大丈夫ですが、ちょっと重いので装備を軽くしたいならアウトドア用を。

・大抵はコッヘルの蓋と兼用だったりします。コッヘルを選ぶときに考慮しましょう。
タグ:食器 火器
posted by マツモトケイジ at 13:26| 食事装備

2017年03月27日

ダイソー まとめてレンジトレー



登山にテーブルは結構な贅沢品です。荷物を減らしたいので重いものは持ちたくない、でも軽いチタン製は高価です。だったらテーブルなんか要らないか、となるのが登山におけるテーブルです。

 

例えばこんな感じでしょうか。うん、高い。そして重さは300g〜400gくらい。でも122gで100円だったらどうでしょう?

はい、こちらです。

IMG_1313.jpg

ダイソーの『まとめてレンジトレー』。

IMG_1312.jpg

本来は電子レンジを2階建てにしてまとめて2皿を温めるためのトレイです。

IMG_7296_1.jpg

真ん中が丸く広めになっています。横幅が24cm、縦の狭い部分が13cm、丸い部分が19cmです。

IMG_7301.jpg

重さは122g。これくらいなら炊事の下敷きにするベニヤ板の代わりに持ってもいいかも知れません。

IMG_1305.jpg

上の高級テーブルと比べるとちょっと狭いですが、カップ麺と飲み物くらいなら乗りますね。

IMG_7300.jpg

足は折りたたみ式で、組み立ては3秒で完了。

IMG_7297.jpg

強度もまぁまぁあります。4kgの鉄アレイを載せても問題ありませんでした。

IMG_7299.jpg

足の間がプラスチックで繋がっているので、不整地だと少し不安定になります。強度が下がりますが切り取っちゃってもいいかも知れません。

IMG_20170327_182413.jpg

ノコギリでギコギコと切り取ってみました。強度的には変わらないですね。

何度か山行に持っていっていますが、地べたに食べ物を置くより気持ちよく食事出来ます。

IMG_1330.JPG

まぁ100円ですし失敗しても後悔は少ないかなと思います。おひとついかがでしょうか?
タグ:食器
posted by マツモトケイジ at 18:32| 食事装備

2016年11月15日

軽量湯沸かしセット

手持ちの火器とカップで軽量湯沸かしセットを組んでみました。

IMG_0020.JPG

111gセット

・BSR 大横蜂 28g(袋込)
IMG_0022.JPG


・スノーピーク チタンシングルマグ 450 68g
IMG_0021.JPG



・100円ライター 16g

■合計 111g
(計算すると112gだが測ると111gだった)

iPhone7が138gですから、スマホより軽いって事になりますね。

IMG_0024.JPG

このセットに158gのガス缶(ガスの推定量は71g)を足して267gとなりました。

お湯を沸かしてみる

カップに350mlの水(20℃)を入れて沸かしてみました。
室内、無風で炎がカップの底面からはみ出さない程度の火力に調整し、3分50秒で沸騰しました。

ガスの使用量は5gでした。70gのガスがあれば、風がなければ14回、4.9リットルのお湯を沸かせる計算になります。ガスは110g缶の空き缶に詰め替えセットで入れていますから、70gも入れないで30g程度にすれば総重量を抑えられます。

例えば30gのガスを入れたガス缶で計算すると、総重量は228gとなります。


もっと軽い組み合わせを思いついた

そういえば、と、スノーピークのチタンコッヘルの小鍋を組み合わせてみました。
IMG_0026.JPG



小鍋だけの重さは47gですから、チタンシングルマグ 450より21g軽くなります。

IMG_0026.JPG

小鍋、ライター、ストーブの合計で90gとなりました。

IMG_0027.JPG

これに158gのガス缶を足して248gです。ガスをもっと少なくしちゃえば全部で200g切ることも可能です(20g入ってれば4回沸かせるので日帰りなら十分)。

ですが、蓋やスタッフバッグを入れると重くなってしまいます。

IMG_0030.JPG

蓋が20g、スタッフバッグが11g、小鍋47gで78gとなります。ストーブとライターを足して121gです。

蓋があると燃費の向上が見込めますが、最軽量を目指すなら諦めたほうがいいかもしれません(ガス20g分の燃費向上は見込めないだろうし)。

まとめ

・シングルマグや小鍋と、BSRの大横蜂を組み合わせることで、燃料抜き100g前後に抑えることが出来ます。
・日帰り用として、ガスを少なめに入れた110g缶を組み合わせれば200gを切ることも可能です。
・他にはアルコールストーブやエスビットのポケットストーブミリタリーを使うという手もあります(未検証)。
タグ:火器
posted by マツモトケイジ at 15:46| 食事装備